LC

AI健康アプリ「カロママ」シリーズ、食事入力機能がリニューアル!

2020.11.4

ユーザー目線でより“簡単に健康管理”を!

ユーザー目線でより“簡単に健康管理”を!
AI健康アプリ「カロママ」シリーズ、食事入力機能がリニューアル
解析結果とメニュー画像を紐づけて表示、カロママ プラスにも音声入力を追加

 

株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 当社)は、当社が運営するAI健康アプリ「カロママ」「カロママ プラス」の食事入力機能をリニューアルいたしました。今回のリニューアルにあたり、アプリの利用者/非利用者を対象にインタビュー調査を実施。アプリのさらなる利便性向上を目指し、ユーザーの要望を明確にした上で、より便利に・簡単に利用できる入力画面へと改善いたしました。

 

カロママ : https://calomama.com/
カロママ プラス : https://plus.calomama.com/

 

 

「カロママ」「カロママ プラス」とは

 

毎日の食事や運動、睡眠などのライフログに、AI管理栄養士がリアルタイムにアドバイスをする健康管理アプリです。食事を記録すると独自のアルゴリズム・AIにより、食事画像を認識してカロリー計算、栄養バランスの評価を行い、その後、食事の改善点や次の食事の提案まで2億通り以上のアドバイスを自動で提供します。また、スマホ内蔵の歩数計やウェアラブルデバイスともデータ連携し、運動量も自動的に取得します。
「カロママ」は一般向けに、「カロママ プラス」は企業・健保の従業員や、自治体の市民、スポーツクラブの会員、保険加入者の方を対象に、現在約6,000以上の法人・団体が導入しています。

 

食事入力画面リニューアルの背景

 

「カロママ」「カロママ プラス」の利便性向上を目的に、アプリを長く利用されている方・利用を始めたばかりの方・まだ利用していない方を対象にインタビューを行いました。そして、実際にアプリを利用する様子を拝見させていただき改善点を洗い出しました。その結果、当社が最も重視している「食事入力」部分について、いくつかの要望があることがわかりました。
そこで、食事入力の利便性向上に向けて、食事入力画面をリニューアルすることとなりました。

 

 

リニューアルポイント

 

・食事画像の解析結果をしっかり確認したい ⇒ 解析結果とメニュー画像を関連付けて表示

・カロママ プラスにも「音声入力」が欲しい ⇒ カロママプラスにも「音声入力」を追加

・「履歴」「MYセット」入力のショートカットが欲しい ⇒ 通常入力画面でも利用可能に

・食事メニューをもっと複数同時検索したい ⇒ 同時検索数を最大5件から10件に

 

1. 解析結果とメニュー画像を関連付けて表示

 

【要望:食事画像の解析結果をしっかり確認したい】

「カロママ」シリーズはAIによる食事画像の解析を強みとしておりますが、ユーザーからは「解析結果とどのメニューが紐づいているのかしっかり確認したい」などの声をいただきました。そこで、解析結果がわかりやすく表示されるよう食事入力画面を改良。また、解析結果とメニューを同一画面上で関係付けて表示することで、メニューの修正もしやすくなりました。さらに、画像認識しやすい写真の撮り方を解説するナビゲーションガイドも導入しました。

 

 

 

2. カロママプラスにも「音声入力」を追加

 

【要望:カロママ プラスにも「音声入力」が欲しい】

従来「カロママ」でのみ導入されていた「音声入力」機能を、「カロママ プラス」にも展開しました。

 

 

3.「履歴」「MYセット」が通常入力で利用可能に

 

【要望:「履歴」「MYセット」のショートカット】

毎朝、同じメニューを食べる方は「履歴」や、お気に入りのメニューを登録できる「MYセット」からの入力が多いことが分かりました。一方で、初めて「カロママ」シリーズを利用する方からは「履歴」「MYセット」に気が付かなかった声がありました。そのため、通常入力画面での利用を可能にし、以前より分かりやすく、簡単に使えるようになりました。

 

 

4. 食事メニューの同時検索数を最大5件から10件に

 

【要望:食事メニューをもっと複数同時検索したい】

今まで「カロママ」シリーズにおいて、メニューの同時検索数は最大5件でした。しかし、ユーザーからは「5種類以上のメニューを食べることもあり、より多くのメニューを同時検索できると便利」という意見をいただきました。そこでリニューアル後は10件まで同時に検索できるようになりました。

 

 

当社では、今後も利用者の方のご意見・ご要望を取り入れ、継続的に改善に取り組んでいきたいと思います。




LC

株式会社リンクアンドコミュニケーション
© Link & Communication Inc.

個人情報保護方針